MENU

アコムの無人契約機

アコムといえば「むじんくん」が有名ですが、「むじんくん」は無人契約機の事で名前の由来は「無人」「無尽」からという事のようですが、このむじんくんはどうやって使うのでしょう。

 

むじんくんはアコムでキャッシングの契約をする時、借り入れ申し込みからカード発行まですべてをを済ませられるという無人契約機で、全国に設置されていますのでお住まいや会社の近くで探すことが出来ます。

 

無人君を使って契約するには本人確認書類(運転免許証か健康保険証)を持って無人契約機に行き、音声ガイダンスに沿ってタッチパネルを操作し順番に進めていきますが、途中わからない事や疑問点が有ればオペレーターが対応してくれますので機械の操作に不慣れな方でも何の心配もなく、安心して進めていくことができます。

 

無人契約機で審査に申し込んだ後は、その場で審査が行われ、審査途中に用意した本人確認書類を読み込ませると審査が始まり早ければ30分ほどで審査は終わり、契約が完了すればカードの発行をしてもらい、備え付けのATMからカードを使ってその場でお金を引き出すことが出来ます。

 

むじんくんでの契約は個室ブースでの操作なので誰にも知られず使う事が出来るのですが
むじんくんの営業時間は土日に関係なく9:00〜21:00までで、一部の店舗で営業時間が違う場合もあるので無駄な時間を作らないように事前に調べておいた方がいいと思います。遅くとも20:00までに手続きを終えれば当日契約で即日融資を受ける事が出来ます。

アコムの申込みはスマホから

いまではインターネットを使ったweb契約はどこの金融業者でも行っていますが、アコムでもスマホ使って24時間365日いつでも申込みから口座振り込みまでを行える申込み方法があります。

 

スマホを使ってアコムを申込む方法は、本人確認書類(健康保険証や運転免許証)が必要になりますので事前に携帯カメラなどで撮って画像保存しておき、まずアコムのホームページにアクセスして申込みをし、申込みが終わるとスマホに申込み確認の連絡があり、本人確認書類の提出を求められますので、メールに添付し送信しれば通常30分ほどで審査が終わり、借入限度額や契約書類の内容を確認して同意すれば契約したことになり、指定の口座へ振込をしてもらえます。

 

スマホを使って申し込むときも無人契約機を使って申し込むときも同じですが、申込時にどうしてもわからない事や不安な事がある時はオペレーターに相談するのが一番いいのですが、アコムのオペレーターに相談できる時間が9:00〜21:00までなので、深夜の申込みをするより遅くとも20:00くらいから始めたほうがいいでしょう。

 

アコムではスマホ専用のナビゲーションアプリが用意されていて、動画を使って申し込みから契約までの流れをわかりやすく紹介したり、ローンの計算や自分がいる場所にもっとも近いATMの検索が出来る機能があり、アコムを利用するにはナビゲーションアプリをダウンロードしておくとより一層便利な使い方ができるはずです。

アコムの全額返済と解約

キャッシングを全額返済して、解約を行うことも、一つの契約変更です。
全額返済とは、残っている残高を利息も含めて一括で返済してしまうことです。
一方、それだけでは、利用額自体はそのままですので、いつでも再度キャッシングでお金を借りることが可能です。

 

これに対して、カードを解約してしまうと、今後、そのカードではキャッシングはできなくなります。
一度解約をしてしまうと、再度利用することはできなくなりますので、解約する際には、十分考えるようにしておきましょう。

 

アコムでは、全額返済や解約も随時行うことが可能です。
それにより、アコムの顧客に対する印象が悪くなることはありませんので、安心して行うことができます。
しかし、一度解約すると、同じカードでアコムを利用することはできなくなります。
もう一度、アコムを利用する場合には、再度申込を行い、審査に通過しなければいけません。
その場合、審査に必ず通過するとは限りませんので、十分に注意するようにしましょう。

 

解約を行うと、契約書類が返却されます。
解約は、ようするに契約の終了を意味しますので、自分は必要ないと感じていても、後日のトラブルの元となる可能性も全くないとはいえませんので、必ず契約書類は受け取るようにしておきましょう。

 

また、必要な方は「完済証明書」の発行も受けるようにして下さい。
「完済証明書」は、通常は解約者からの申し出がなければ発行されません。
どこかに「完済証明書」を提出する必要がある方は、忘れずに発行してもらうようにしましょう。

消費者金融の審査で信用情報機関に照会される

消費者金融に申し込みをすると審査が行われます。
その審査では大きく分けると二つの項目が審査の軸となります。
一つは返済能力を見るための属性スコアリング、もう一つは信用情報を確認するための個人信用情報機関への照会です。

 

信用情報に傷がつくという言葉、もしくはブラックというのも聞いたことがあるでしょう。
実はどちらも同じことを意味しています。
それは異動情報です。

 

個人信用情報機関は日本に3つあります。
その3つの個人信用情報機関ではそれぞれに加盟している会員しか情報を提供することも照会することもできませんが、唯一ブラックに値する悪質な情報だけは共有される情報となります。
それが異動情報であり、記録されていると審査に通ることはありません。